レコード「BLEU NOTE」盤2種

レコード盤を整理していたら、同じものが出てきた。しかし、盤のラベルが違う。ジャケットもレコード番号も同じだが、盤のラベルの色が違う。

SONNY CLARK(ソニークラーク:alto sax)の「COOL STRUTTIN’」は超有名人気のレコードだ。BLEU  NOTE製だけでも高価になるが、このクールストラッティンは特に高価である。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaブルーノート青ラベルジャケ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaこのジャケットは全く同じ、右上にあるBST 81588 BLP 1588 も全く同じである。
これがLP 1588だと初版盤で1枚何万円もするらしい。モノラル盤になると思うが。

ソニークラーク3


これは良く見掛けるラベルである。ジャスダック(日本製)のロゴが無いので、直輸入盤である。もっと細かく比べる文字の違いもあるらしいがそこまで知識がない。

音質も流石である。楽器の音が生々しい。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaブルーノート青ラベル1

こちらが青ラベルといわれるものである。音はこちらの方が落ち着きと深みがある。造られた音でないように感じる。

上記2枚とも、RVGの刻印は無い。RVGとは「ルビーヴァンゲルダー」人の名前を略した意味で、溝のレコード番号の刻印の他にRVGとあれば、ヴァンゲルダーの録音によるもので、これがあると高価であること間違いないのだ。

どなたか、違いを教えて頂けないでしょうか?
ブログ友達の「ジャズカフェモーニイグ」さん、教えてください。よろしくお願いします。

結局、上記の盤をヤフオクに出品することにした。どれだけに値段が付くのか楽しみである。
スポンサーサイト

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャズカフェモーニングさん、ありがとうございます。

復刻盤であれこれと良い音を求めてしまいますね。

No title

モーニン、マスターです。ちょっと、お邪魔します。
こんな話を聞いた事がありす。
ブルーノート1500番台でしょうか。初期に3000枚発売されたとします。1000枚はアメリカの、1000枚はヨーロッパの富裕層が所有したそうです。それらは門外不出。残り1000枚が世界中の市場を駆け回っている。
それ以外の復刻盤に世界中の多くの人々が楽しむわけで、色々な思いを胸に鑑賞したら良いのです。
プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR