FC2ブログ

オーディオ機器の断捨離1

京都に撮影通いをしてもうすぐ1年が経とうとしていますが、そちらに体力を使い果たし体調を崩してから、音楽にも集中して聴く時間が少なくなりました。

それでそろそろ機器の整理をすることにしました。

名器ばかりですので、どれを断捨離すべきかブログに載せながら考えていきたいと思います。

アナログビンテージ・オーディオに興味をお持ちの方なら、これから紹介する機器は面白いと思います。


まずはスピーカーから紹介です。


ALTECとTANNOY1


真四角のベージュ色がALTEC SANTANA、茶色がTANNOY CHEVIOT(チェビオット)です。
当時、SANTANAが1970年発売当時定価125000円。アメリカ製。TANNOY CHEVIOT 1976年発売当時定価140000円。イギリス製。
これはプレミアが付いて高騰しています。



              

aaaaaALTECとTANNOY4aaaaALTECとTANNOY2


TANNOYはクラシック向き、ALTECはJAZZ向きである。しかしTANNOYは低音が柔らかい点を我慢すれば、JAZZも聴けるのです。ALTECはクラシックは全くダメです。ヴァイオリンに艶がありません。でもヴォーカルは魅了される音です。

スピーカーの台は自作です。



PAS3正面1


続いてプリアンプです。真空管プリアンプ、初期型は1970年発売当時定価42000円。アメリカ製。私のは新しいタイプで1976年頃の発売です。程度は極上品です。真空管は4本しか使っていないのにJAZZにおいては、アメリカンサンドを聴かせてくれます。ALTECとは最高に相性がよいです。BLUE NOTE盤JAZZを行くと、アメリカの原点JAZZを聴いてるかのようです。



PAS3木製後ろaaaaaPAS3電源部


右が内部で、こんなに簡単な中身でもいまだ名器と言われ人気があります。TEBLEとBASSが左チャンネルと右チャンネルと独立してコントロールできる便利なVRがついてます。


DYNACO後ろaaaaaaaaDYNACO前カバー無し


続いて真空管パワーアンプ、DYNACO Mark Ⅲ 1957年発売、当時定価48000円。名器中の名器。これもかなり高騰しています。

諸先輩のご指導をいただきレストアしました。矢印が改造部分、細かいことは省きます。


球は6550が純正ですが、一時期、クラシックも聴くためGEC製KT88、MADE IN U.K
を装着していましたが今回、断捨離にあたり6550にもどしました。




上記製品はすべて中古品をヤフオクで購入してレストアしました。ALTECは整備しなくても良い状態でした。


なぜここまで、真空管とか古いスピーカーに拘るのかという声が聞こえてきます。


写真で説明するなら、安いプラスティック・レンズを装着したデジタル・カメラと、ガラス・レンズを装着したフィルム・カメラで撮った物を新聞紙サイズまで大伸ばしプリントして比較すると、歴然と仕上がりの違いがわかります。

フイルムカメラで撮影したプリントは、奥行感がり発色が自然です。


現代のCDに録音された音は、上記のプラスチック・レンズのプリントと言えます。レコードを真空管アンプで当時のスピーカーで聴くと、生音に近く奥行感、厚みがあります。



それがどうしたと言われたらおしまいですが、写真でも皆さんこだわりを持って撮影しています。


写真と、アナログ音楽機器と相通ずるところあります。


続きます。


最近、私のブログを見始めた方にご案内です。見たい写真を大きくするには、写真をクリックして1枚写真になりましたらまた写真をクリックすると拡大された写真になります。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

花の寺勝持寺

勝持寺に入りましたが、西行桜だけが咲いていました。
京都西山方面はまだ寒いです。
西行法師が植えたとされる「西行桜」は鐘楼堂の隣にあります。


a花の寺1aaaaaaaa花の寺2



aaaaaaaaaaaaaa花の寺3


aaaaaaaaaaaa花の寺4



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
花の寺6



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaこの桜の種類は珍しいです。団子状態です。



aaaaaaaaaaaaaa
花の寺5



<4月3日撮影>花の寺風景は撮れませんでした。


京都花紀行、続きます。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

天龍寺Ⅱ

「ラーフの仲間」写真展、今日で終了しました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

望京の丘からの桜の続きです。




天龍寺13



aaaaaaaaaaaa天龍寺14



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa天龍寺15


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa枝垂れ桜の向こうに東山地区が見えます。



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa天龍寺17



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa松の木が桜に負けじと聳え立ちます。



aaaaaaaaaaaaaaaaa天龍寺19



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa躑躅と桜の競演がみられるのも天龍寺の魅力です。

昨年の台風で桜の木が倒れた神社仏閣が多くありましたが、この丘は被害がなくほっとしました。



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa天龍寺20




天龍寺22


<4月2日撮影>


天龍寺は台風の被害はほとんどないと思いました。

しかし、今年もすでに雨の降り方が局地的に多い傾向は続いています。

京都の市内地区はほとんど走りましたが、部分的につむじ風が通り過ぎた被害のように見えました。

斜面の北山杉がなぎ倒された場所が部分的に続いていたり、神社内の舞台が突風で倒れた場所がありと愛知県では知られていない被害が多くあります。


今年は台風の被害が無いことを祈るばかりです。


桜紀行続きます。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

京都の春、天龍寺Ⅰ

写団風の写真展にご来場いただき誠にありがとうございました。


現在は東海市しあわせ村で「ラーフの仲間」写真展を開催中です。私の作品は京都の桜です。


桜にやっと戻りますが、引き続きよろしくお願いいたします。

天龍寺の庭園は広大な敷地です。2回に分けて掲載します。



天龍寺1aaaaaaa天龍寺2


aaaaa天龍寺4aaaaa天龍寺3


拝観コースのスタートは曹源池(そうげんいけ)です。書院から多宝殿に行く回廊も見応えあります。一旦、曹源池に戻り、庭園コースに入ります。




天龍寺5aaaaaaa天龍寺6



多宝殿の前は枝垂桜が迎えてくれます。


aaaaa天龍寺8aaaaaaa天龍寺11



望京の丘に上がっていく途中も枝垂桜の大木が、逆光に輝き美しいです。



続きます。




<4月2日撮影>



テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

明日から写真展開催

写団風の写真展が明日7日から始まります。



ジュリ明日ペイント



aaaaaジュリ内容2



aaaaaaaaaジュリ11




ジュリテーマ2




ご案内はうちのペットのサクラインコ「ジュリ」でした。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

奥嵯峨、滝口寺

祇王寺の左にある滝口寺に入りました。入り口からは中が全く見えず、不安ながら拝観しました。
入り口に滝はありませんと書かれてあります。
皆さん、涼しい滝を眺めれると拝観されるようです。

急な登坂を上がると本堂があります。拝観者は誰もいません。



滝口1aaaaaa滝口2



明治維新、廃寺となったようで侘しい感がいっぱいです。

侍の滝口入道(人名)と女官の横笛(人名)の悲恋の物語があるお寺と読むと、一層静けさを感じる場所です。



aaaaa滝口3aaaaa滝口4



拝観順路に進んでいくと竹林があります。雨の日に来たい場所です。




aaaaaaaaaaaaaaa
滝口5



aaaaaaaaaaaaaaaa滝口6



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa滝口9




滝口11aqaaaaa滝口12



ここは穴場ですね。ブログに載せたくない場所ですが、私が載せてもたいして影響ないでしょう。

天気が曇りで緑の輝きはありませんでしたが、また雨狙いで来ます。

次は祇王寺ですが、皆さん紹介していますので、ここで桜の時期に戻ります。


<5月31日撮影>


引き続き閲覧よろしくお願いいたします。

法宝閣壇林寺

嵐山辺りは、修学旅行生と外人観光客で凄い混雑です。



新緑の嵐山、雨狙いで行きましたが降らずで、混雑で半分諦めです。
そこで嵯峨野の祇王寺だけ向かいました。



二尊院辺りに出ると、観光客は疎らです。こんなに新緑が綺麗なのに、みんなは何を見に来ているのでしょう?

私としてはラッキーです。

祇王寺を挟んで、あまり知られていない寺を2軒拝観してきました。

1軒目は祇王寺の右手にある壇林寺です。

天然記念物のみどり青蛙の産卵ができたばかりと言われ、拝観してみました。


壇林寺門跡1aaaaaaaa壇林寺門跡2


入り口に広がる緑のカーテン、美しいです。でもこれが紅葉ならばといつも思ってしまいます。


右手に瓢箪池がありそこに産卵しているようです。


aaaaa壇林寺門跡6aaaaaaa壇林寺門跡8



壇林寺門跡3aaaaaaa壇林寺門跡5



木の枝と石垣の間に産卵してあります。まあ、地味な写真になりました。


壇林寺門跡7



次は祇王寺の左手にある滝口寺です。
プロフィール

ヒデ2362

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR