FC2ブログ

真空管アンプLUXMAN 38FD

オーディオ仲間からオーディオ投稿がないので、どうしたかと連絡が入りました。

オーディオも楽しいんでおりますが、忙しくて投稿する時間がありません。
そこで近々に手に入れたアンプから始めます。

ヤフオクで整備品が出ていたのでポチッとやってしまいました。でもこのアンプは超人気品ですので気に入らなければ、また売却してしまえば良いです。



38FD正面1aaaaaa38FDつまみ



整備品にしてはツマミ類が汚い。



38FD中1aaaaaaa38FD中裏


球周辺は綺麗に掃除してあります。裏側、コンデンサー類は交換してあり、出力管の調整VRも交換してあります。ひとまず安心です。音はさすが人気アンプです。透き通っていて、それでいて楽器の輪郭のある音です。しかし、いまいち広がりがないので、球を高級品に替えて試してみます。



38FD球50CA10aaaaaa38FD球GE


出力管50CA10、ピンは綺麗に清掃してあります。この球は在庫ないのでパワー部の球交換はできません。右はプリ部、5751とあります。GE製?たしかナショナルが純正品なはずですが。4本とも同じです。これでは良い音はでません。



aaaaaaaaa38FD球初段TELEFUNKENaaaaaaaaa38FD球初段SIEMENS



テレフンケンとシーメンスに交換します。テレフンケンは文字は偽物です。でも中身はなんとムラード製です。こんな偽物もあるんですね。



38FD117Eaaaaaaa38FDレコード


試聴カートリッジはサテン117です。レコードは3枚、すべて直輸入盤。右の男性は小澤征爾さんです。女性はアンネ・ゾフィー・ムターさん。この方、15歳でカラヤン指揮ベルリンフィルオーケストラと共演した世界的奏者、現役です。このレコード、録音1985年。録音音質は最高です。DMM方式の録音でSN比がよくダイナミックレンジも広く、曲としても試聴に合ってます。



aaaaaaaaaaaa38FDCD.jpg


CDは5枚、サラ・オレインさんNHKの大河ドラマ「西郷どん」のエンディング曲を歌っていました。もともとヴァイオリニストですが、この曲を歌って一躍有名になりました。38FDで聴いていたら寝てしまいました。このアンプ、女性ヴォーカルは最高です。音質の説明は難しいですが、人気の理由がわかりました。

ヴァイオリンはヒラリー・ハーンさん、ローマ法王の前で演奏した天才ヴァイオリニストです。SACDの割には違いがわかりません。


黒人の方、ジェッシー・ノーマンさんオペラ歌手ですが、このアルバムでは音楽の巨匠ミッシェル・
ルグランさんの曲をオペラ風にアレンジしています。演奏はミッシェル・ルグランさん。JAZZ風にピアノを引いてるルグランさんが素敵です。ピアノの音も弾みがあります。私もファンですが、1月29日に他界しました。


ルグランさんの作曲した映画「シェルブ-ルの雨傘」をジェッシーさんとサラさんのアルバムともカバーしています。アレンジの違いも面白いです。

「シェルブ-ルの雨傘」、私が若いころ見ましたが、主演カトリーヌ・ドヌーブ、ミュージカル映画でセリフも歌いながら進んでいきます。普通は突然歌いだすのですが、この映画は全編歌です。
余談が多くなりました。



このアンプはクラッシク向きと言われますので、SPはタンノイで聴きました。ただサテンカートリッジも音の線が細いので、高音がきつく感じます。SPU-GTEの方が合うかもしれません。


音楽と写真とはよく似ています。写真のジャンルも幅広く風景からモノクロから多種にわたり、全てのジャンルを撮影するにはかなりの年季が必要です。

音楽もJAZZからクラッシクなど、すべてのジャンルを聴く人はいないと思います。それぞれ奥が深く知識が必要です。


私はJAZZは「写真のモノクロ」、クラッシックは「写真の風景」にあたると感じています。風景は「ヴァイオリンが奏でるような写真」、モノクロは「JAZZのようにガツンとくる写真」、そんな写真が撮りたい・・・・・・・無理か?!



もっとゆっくり聴きたいのですが、明日から長期に渡り京都の撮影に行きます。忙しい!


スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

京都下鴨神社、流し雛

3月3日下鴨神社、流し雛を見てきました。
日曜と重なり凄い人です。甘く見ていました。
全く前が見えません。
そこで一脚を伸ばしライブビューで望遠レンズを使って写しました。


十二単のお雛さま・衣冠装束のお内裏さま・神職などが和紙人形を藁で編んだ桟俵(さんだわら)に乗せ、境内末社・御手洗社(みたらししゃ・井上社(いのうえしゃ))の前を流れる御手洗川(御手洗池)に流し、子どもの無病息災を祈願します。



流し雛1aaaaaa流し雛2



最近のレンズは手振れ補正の性能が良いので、シャーターが多少遅くてもぶれないので安心です。


aaaaaaa流し雛3aaaaaaaa流し雛4



流し雛5aaaaaaa流し雛6


雨が降ってきました。



aaaaa流し雛7aaaaaaa流し雛8



流し雛9aaaaaaaa流し雛10


十二単の後ろは長いんですね。舞子さんも流します。



aaaaaa流し雛11aaaaaaa流し雛12


京都タワーのゆるキャラ「たわわちゃん」も来てました。



流し雛13



これが桟俵(さんだわら)です。











千両が辻、雛祭りⅡと北野天満宮

千両が辻の雛祭り、最後です。
町家旅館「田の屋」で講談があると、湯葉料理店の女将が客寄せしていて案内してもらいました。


田の屋は数百年も経つ町家をリノベーションした旅館です。そこの二階で講談がありました。



aaaaひな祭り6aaaaaaaひな祭り22


右は田の屋さんの入り口、風情があります。


講談師 玉田玉秀斎(たまだぎょくしゅうさい)氏による「竹細工職人、左甚五郎」の話でした。

最近講談ブームだそうで、今日初めて講談聴かれる方と言われて、ほとんどの人が手を挙げていました。
玉田氏はびっくりしていました。「そうですか、初めてですか!」




aaaaaaaa雛5aaaaaaaaaa雛講談


この部屋にも雛飾りがあります。右が玉田氏、公演中は写真撮れませんので自己紹介のときに撮りました。

この方、英語やポルトガル語、中国語で講演もするそうです。落語と講談の違いなど説明されて勉強になりました。
講談はもっと難しいと思っていましたが、実に分かりやすく面白かったです。



aaaaaaaひな祭り14aaaaaaaひな祭り16


次は水野克比古写真館で雛飾りをみました。江戸時代のものから、たくさんの雛壇がありました。




ひな祭り24aaaaaaaaaaひな祭り21



aaaaaaaaaaaaaひな祭り23aaaaaaaaaa南先生



京友禅絵付師、南進一郎先生宅で京友禅についてお話がありました。

江戸友禅と京友禅の違いや、欧米人と日本人の色の感じ方の違いなどお話がありました。

白色では、欧米人はピュアな白色が好みで、本人は黄色がかった白が好みのお話し、これは眼の構造の違いがあるかもしれないそうです。


左の女性はインターネットTVラジオのパーソナリティの相葉さん、ここで何度かお会いしてます。


<3月3日撮影>




北野天満宮梅2aaaaaaaaaaa北野天満宮梅3



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa北野天満宮梅1


北野天満宮の梅は五分咲き位でした。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

京都千両ケ辻、雛祭り

3月2日3日と千両が辻にて雛祭りがありました。

西陣織が盛んな西陣辺りで、昔一日で千両も儲かったことから「千両が辻」と名付けられたそうです。

町家の雛飾りを一般公開し伝統文化の講演などがありました。
今人気上昇中の講談、鼓の演奏も町家の中で聴くことができました。



ひな祭り1aaaaaaaaaaひな祭り2


右は個人のお家です。立派で美しい飾りです。




aaaaaaaひな祭り3aaaaaaaaひな祭り5



お供え物は飾りではありません、本物です。



ひな祭り11aaaaaaaaひな祭り7



次ぎは大宮庵さんです。


aaaaひな祭り10aaaaaひな祭り8



昔の台帳が残っています。大きな雛壇がふたつもあります。



ひな祭り9aaaaaaaaひな祭り17


急な階段に引き出しが作られています。箱階段です。



aaaaaaaaa雛暖簾



この後、湯葉料理の女将が講談場所を案内してくれました。



続きます。






テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

2019年花の写真速報、鈴鹿の森しだれ梅満開。

3月5日、鈴鹿の森庭園のしだれ梅を見てきました。
昨年は15日に行きましたので、10日ほど早く咲いたようです。

梅は作品になりにくい花です。でも風景写真家としては見逃せない季節の花です。



鈴鹿1aaaaaaaa鈴鹿2


夕やけと合わせて撮るため17時頃到着しましたが、焼けませんでした。右はライトアップが始まりました。


aaaaaa鈴鹿3aaaaaaa鈴鹿4



aaaaaa鈴鹿6



aaaaaaaaaaaaaaaaaaa 鈴鹿8



aaaa鈴鹿9



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa鈴鹿7



aaaaaaa鈴鹿10



5枚目8枚目を除いては、一脚を伸ばして俯瞰撮影しました。他の人とは違う写真と思います。最近のカメラは好感度撮影してもノイズは出なくなり助かります。この中で一番高い感度はISO2000で撮っています。

<2019年3月5日撮影>








テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

京都雪景色④

京都の雪景色も最後です。
朝、雪が結構積もったので竹林に向かいました。




広沢雪朝aaaaaa竹林雪4


広沢池を抜けていくと雪景が多く素敵でしたが、竹林に向かいました。
しかし竹林に着くと意外に雪が少なく、撮りようがありません。貴重な1枚となりました。急いで広沢池に戻りました。


広沢池雪7



aaaaaaaaaaaaaaaaa
広沢池雪6




広沢池雪2




aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa広沢池雪3


少しだけ朝日が出ました。

池は12月の鯉揚げから水が抜かれたままです。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

プロフィール

ヒデ2362

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR