京都散策

京都法事、京都迎賓館など訪問した時、モノクロに合う作品を選んで掲載します。

まずは骨董品店の多い、新門前町通りです。陶器、版画、時計など見るだけでも面白いです。観光客は少なく京都の裏通りという感じです。


京都散策1_edited-1aaaaaaa京都散策10


人通りがすくないのでしょうか?猫ものんびりしています。


aaaaaaa京都散策7aaaaaaaaaaaa京都散策5


町屋造りの家の玄関、新しいドアノブが印象的でした。右は下鴨神社のおみくじです。御手洗川(みたらしかわ)におみくじを付けると文字が浮かび上がってきます。


京都散策3aaaaaaaaa京都散策2


左は下鴨神社の雲です。こういう場所で出る形は縁起の良い物と言われます。鳳凰の羽に似ていると自分では思っています。
右は二条城の現代アート作品です。色は真っ赤でした。外人は何と思ったのでしょうか?



京都散策8aaaaaa京都散策9


この2枚は松尾大社です。このお山に入山するときは、自分でお祓いをしてから上がります。祈所とあります。



スポンサーサイト

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

社家2

間が空いてしましましたが、社家の続きです。
上加茂神社南にある社家町は重要伝統建築物群保存地区と指定されています。
前回、運良く個人のお方のお家を見せて頂きました。今回は一般の方も入場拝観できます、社家を紹介します。

京雷堂です。江戸後期に作られた家で、当然お庭には上加茂神社の川が庭に引き込まれています。


京雷堂1aaaaaaaaaa京雷堂2


aaaaa京雷堂9aaaaaa京雷堂4


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa右は中から玄関を見たものです。


京雷堂3aaaaaaaaaaa京雷堂8


調度品も時代を感じさせるものばかりです。


aaaaaa京雷堂6aaaaa京雷堂7



柱に掛けてある書物は歌手加藤登紀子さんの直筆です。
中国から帰京されて、ここにしばらく住まわれていたそうです。歌詞を書にしたものです。

aaaaaaaaaaaa右はこのお店の雷煎餅(いかづちせんべい)です。お番茶と煎餅をだしてもらえます。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa京雷堂10


aaaaaaaaaaaaaaaa上加茂神社の明神川です。この川の一部が社家に流れています。


お店を感じさせない昔のままの造りで、ご婦人が色々歴史を説明してくれます。ぜひお土産を買ってあげてください。

時の流れが止まったように、まったりとお茶を飲んでいたいです。

江戸時代の建物で、そして京都弁でお話が聴けてまったりと時間を過ごすことができました。京都の観光名所とは違う楽しみ方を味わうことができました。これが歴史を感じるということなんですね。

京都迎賓館一般公開

5日京都の迎賓館の一般公開に応募して、当選したので見学に行ってきました。

昼の部もありましたが夜の照明は綺麗と考え、夜の18時に申込みました。

迎賓館玄関回廊2aaaaaaaa迎賓館入口回廊藤の間


右は正面入り口から、藤の間を見渡せます。間に池があります。庭ではありません。


aaaaaaa迎賓館藤の間1aaaaaaa迎賓館藤の間天井2


全てが何年も掛けて作られた伝統工芸品です。人間国宝の方々が造られたので国宝級と言っていいでしょう。説明が難しいので省略します。すいません。藤の間の壁と天井です。


迎賓館藤の間2aaaaaaa迎賓館桐の間


左は舞台扉です。右は桐の間です。


aaaaaaa迎賓館桐の間2aaaaaaa迎賓館池2


池を渡る廊橋があり、水に写る照明が美しいです。

迎賓館廊橋1aaaaaa迎賓館廊橋2


廊橋から左手を見ます。


aaaaaa迎賓館池3aaaaaaaaa迎賓館廊橋3


廊橋から右手をみます。来賓を乗せる和舟があります。


迎賓館池舟aaaaaaaa迎賓館入口回廊出口


ガラス越しに舟が見えます。元の回廊に戻り、終了です。


迎賓館音声ガイド


WIHIによる音声ガイドです。故に記憶を戻して、名品の数々を思い出すことができません。

あまりの豪華さに言葉がありません。別世界でした。

写真撮影はOKで、ストロボと動画撮影は禁止でした。















テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

社家1

社家(しゃけ)とは神社などの神職の方が住まわれていた、家屋をいいます。
家は神社のすぐ近くで、神社内に流れている川を家に引き込みその水で禊(祭事時に水をかぶる)や庭の水などに利用していています。家に引き込みまた、本流へ戻す形になっています。
京都は社家町としてまだ、姿を残しています。上加茂神社の南にある2軒だけ見学をすることができます。錦部家の社家は有料です。

今回、運良く一般公開していない社家を拝見することができました。


社家12aaaaaaaa社家17jpg


明神川です。この川の上流が「ならの小川」になり上加茂神社があります。この一部を社家は引き込みます。橋は15ヶ所あり、各家は橋は1ケと取り決めがあったそうです。


aaaaaa
社家18aaaaaaaaaa社家


錦部家の案内が出ています。右が特別に見せて頂いた社家です。もう売却が決まっているので玄関先はお見せできません。


社家3aaaaaa社家4


aaaaaaa社家5aaaaaaa社家6


左は井戸です。


社家7aaaaaaa社家8

右の取ってはご紋のような説明がありましたが、忘れてしまいました。

aaaaa社家9aaaaaa社家10


天井が網代(あじろ)造りです。


社家11


貴重な文化財を見せて頂きました。ありがとうございました。


社家15aaaaaaa社家16


明神川沿いにお住まいの方は、この川を渡らないと家に入ることができません。家の改築もたいへんですね。


続きます。

次は無料で一般公開している社家を紹介します。







テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

プロフィール

ヒデ2362

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR