京都錦織Ⅶ

京都紅葉も最終となります。

まずは光明寺の続きから。

光明寺2aaaaaaaa光明寺1



aaaaaa光明寺3aaaaaaaaaaa光明寺筍1

光明寺の近くで、焚き火が見えたので、寄ってみました。枝を燃やしているようです。


光明寺筍2aaaaaaaaa
光明寺筍3

ご主人にお話を聞けました。筍用の竹藪です。枝を払って、日当たりを良くしないと美味しい筍ができません。
枝は刈って落とすより、まず新芽が出た時にゆすって落とすのだそうです。嘘のような話ですね。簡単な作業ではないそうです。

一反の面積に300本くらいになるよう、親竹を伸ばすそうです。日当たりを良くするためです。


aaaaaaaaaaaaaaa光明寺筍4

そして、土の層を見せてくれました。土の上に藁を敷き、また土を被せていきます。これを繰り返して盛っていきます。これを軟化方式といいます。これで筍が柔らかく美味しくなるんですね。
最近では、京都も早く筍料理を提供するため、料亭は3月は暖かい九州から仕入れているそうです。


青田農園のご主人、貴重なお話をありがとうございました

スポンサーサイト

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

京都の食

前回、京都の撮影での食を紹介します。

卵どん2_edited-1aaaaaaaaaaa卵どん_edited-1

光明寺の近くに養鶏場があり、玉子の販売と食事ができます。喫茶「花」です。
ここは平飼いをしていて卵の有精卵も販売しています。
平飼いとは、、「平ら」に「飼う」という意味で、鶏を地面に放して飼う養鶏法のことです。平飼いでは鶏は地面を自由に動き回ることが出来ます。よく運動することで健康になります。
有精卵はちょっとお値段がはりますが、美味しいです。

aaaaaaaaa有精卵1aaaaaaa有精卵2

スーパーで買うより、黄色が薄いです。以前、頂いた時も黄身が薄いことを覚えていました。自然飼いは餌が違うので色が付かないのですね。

aaaaa包丁3本_edited-1aaaaaaaaa包丁と玉ねぎ_edited-1


北野天満宮、縁日で包丁売りの切れ味を見せている店がありました。材木をザックザックと切って見せています。写真を撮るの忘れました。以前から新しい物がほしいと思っていたので、購入しました。右端の包丁3500円を頼むと左2本をサービスで付けてくれました。びっくりです。B級品か?安いので2年位使えればいいかという気持ちです。しかし凄く切れます。玉ねぎを切っても目が痛くありません。切れ味が良いので、汁が飛ばないのです。
砥石はもっていますので、錆が出ても手入れは完璧です。マメな手入れは必要です。檜のまな板です。

このあと、筍の生産者の方と出会いました。

続きます。

TANNOY Cheviot整備

最近、タンノイCheviot(チェヴィオット)の音が冴えない。最近ヤフオクでSANSUI SP1001とLM033を落札した。音のキレが良い。
SANSUIも整備しないと完全ではないですが、タンノイの音がボケていることがはっきりしました。

今年、新しいオーディオ仲間に聴かせてあげたが、こんな音で自慢していたのかと愕然とした。長い年月で、老朽化したようだ。

そこで整備することにした。ユニットは5年前、Audio Lab(小川電器商会)でオーバーホールしてもらっているので、アッテネータと端子の整備が中心となる。良く考えてみれば、コンデンサーは一度も交換していない。友人がチェヴィオットをAudioLabで整備したとき、コンデンサーはSOLEN製であったのでDATONやJANTZENなど迷うことなく、購入した。


aaaaaatannoy正面aaaaaaa1001とLM033

左がタンノイ:チェヴィオット。SANSUI LM033とSP1001です。

aaaaaaaaatannoyHPD318.jpgaaaaaaaaaaaatannoyスッポン


ユニット MONITOR 315HPD。ハンダ吸い取り線がたくさん要るのでスッポンを購入した。先がゴム製なのでハンダに付けても温度が下がらないので使いやすいです。

tannoyアッテネータツマミaaaaaaaaatannoyアッテネータ横

レベルツマミは引き抜きます。横のブラケットはネジ1ケで外れます。

aaaaaatannnoyアッテネータブラケットネジaaaaaaatannnoyアッテネータコイル外す2


ナットの代わりの板受けがガタがあり、ナットに交換します。両サイドのコイルは基板に取付いていなく、上のブラケットにはめられています。外しにくいです。


tannnoyアッテネータコイル外すaaaaaaaaaatannoyアッテネータ全体

ドライバでコイルを丁寧に抜きます。黄色いフイルムコンデンサーが見えます。どこ製かわかりません。他に3ケ使っています。用意していません。配線は単線に交換しました。


aaaaaaaatannoyソーレンコンaaaaaaaaaatannoyアッテネータ分解前端子

黒いのがSOLENコンデンサーです。レベル調整のロータリーSWを外し、分解します。

aaaaaatannoyアッテネータ分解前aaaaaaaaaaaatannoyアッテネータ分解上下

爪4個所をハの字を真っ直ぐにします。接点が酸化被膜で黒いです。これでは音は悪くなります。


aaaaaaaaaaaatannoyアッテネータ分解2jpgaaaaaaaaatannoyアッテネータ分解1

ケイグgold G5で清掃してピカピカになりました。組立位置を間違えるとたいへんです。


tannoyチェビオットBOXaaaaaaaatannoy端子純正内側

SP端子中側です。ラグ端子が酸化しています。表のSP端子も小さくて、カナレなど太いSPケーブルが差し込みできませんので高級端子に交換しました。

tannoy端子新型aaaaaaaaaaatannoy端子完成内側


ネジ式端子、穴が大きく、ラグ端子も付いていて、1セット420円とお値打ちでした。軸の径も同じで簡単に交換できました。

aaaaaaaatannoy端子完成aaaaaaatannoy純正吸音材

表側の状態、端子の大きさもちょうどよいです。吸音材がなんとスポンジです。専用吸音材に交換します。音が変わってしまうので心配です。


tannoyユニット補強材2aaaaaaaatannoyユニット補強材1

BOXの前後板を補強材がユニット下にあります。吸音材がないので貼り付けました。

aaaaaaaaatannoyユニットコネクタ受け側aaaaaaaaaatannoyユニットコネクタ

ユニット側のコネクター受けと右がアッテネータからのコネクター、ペーパーやすりで磨きます。その後gold G5で拭きます。

ユニットをBOXに取付けて完成です。音は甦りました。小音量でも高域が出てくれます。いままでは、音量を大きくしないとはっきりしませんでした。瑞々しい音です。ヴァイオリンの繊細な高域が出てくれます。中音の音はタンノイの音と思わせるほど心地よいです。やはりSANSUIとは格が違います。ほっとしました。

このあとエージングして、anne-sophie mutter(アンネ ゾフィー ムター)SACDとDECCAレコード盤と聴き比べました。CDとレコードでヴァイオリンの違いを確認しました。曲は全く同じです。


試聴報告、続きます。





























テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

京都錦織Ⅵ

12月3日、光明寺もかなり遅くの紅葉と聞き、向かいました。
ここだけ凄い人です。


光明寺7_edited-1aaa光明寺4_edited-1


aaaaaaaaaaaaaa光明寺2


aaaaaaaaaaaaaaaaa
光明寺3


今年、一番の色付きです。来たかいがありました

久しぶりに来たら、参拝通路一方通行になってました。


続きます。





テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

オンキョー インテグラ A-733nⅡ/130整備

整備後半の掲載を忘れていました。

オンバランスVRaaaaaaaaオンVR裏面


バランスVRは4ケの爪を起こして分解できます。音量VRはネジを外しますが、片CHしか分解できず、あとはケイグgoldG5を吹きかけてエアーダストで余分な液を出しておきました。


aaaaaオン電源SWaaaaaaaaオン保護ヒューズ


電源ランプが落下防止にボンドで貼り付けてあったようです。ひどく破損していました。テープ留めしか方法がないです。パワーアンプ保護ヒューズですが、線が細いので音質に影響します。ヒューズ先はすぐSP端子に接続されています。SPケーブルは高級品に拘る方いますが、ヒューズは気が付きません。そこで真空管アンプに使うスローブローヒューズに交換します。左がこれです。線が太いことがわかります。ただし溶解時間が遅いので、定格アンペアより低い容量を使用します。オーディオ用ヒューズは高いです。これは安くて良いです。


オン電源コン2aaaaaaaaオン電源コン1


電源部ブロックコンデンサーのセンターのアース板とプラスマイナス板ともにネジを外して、面をペーパーで磨きます。接点復活材で拭きます。これだけで、低音が締まります。ベースがブンブン弾いてくれます。このコンデンサーを本当は交換するとよいですが、1万円くらいはします。音に大きく影響しますが、全体の老朽化を考えて交換はしません。


aaaaaaaaaaaオンSP整備後仮止め


音だしテストでフロントパネルは付けず、ツマミ類仮り止めして電源オンです。

セレクター類の接触不良もなく、済んだ音になりました。成功です。ヒューズと電源コンの端子清掃で低音はかなり良くなったと思います。


オンキョーの音が好きになり、上級機A-722nⅡとプリアンプ、インテグラP306Rのジャンクを落札して修理しました。 

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

京都錦織Ⅴ

浄住寺から下鴨神社に向かいました。日差しが高いうちにと急ぎました。
落ち葉舞う情景を思い浮かべていたのですが、フリーマーケット開催で、あゝ残念です。紅葉はまだ早いです。

空に向けて色付きだけを探しました。
朝の光は立体的に見せてくれます。


下鴨神社8aaaaaaa下鴨神社3


aaaaaaa下鴨神社4aaaaaaa下鴨神社5


aaaaaaaaa下鴨神社12


下鴨神社7aaaaaaa下鴨神社13


色付きの良いものを探すのがたいへんでした。


aaaa
河合神社1aaaa下鴨神社10

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa<12月3日撮影>

左は河合神社の前です。右は下鴨神社の結婚式の入場風景、厳かで豪華です。

このあと光明寺に向かいました。素敵な出会いがありました。










テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

京都錦織Ⅳ

将軍塚の展望台が新しくなり、京都が一望できると聞き向かいました。夕雲狙いで16時頃到着、ここは入れ替え無しで21時まで拝観できます。三脚一脚とも使用禁止です。


もっと、夕日が焼けること期待しましたが、これで終わってしまいました。


将軍塚1


aaaaaaa将軍塚3aaaaaa将軍塚2

aaaaaaaaa市内の中央に御所があります。

aaaaaaaaaaaaaa将軍塚4JPG


大文字焼きの「大」が見えます。他2文字見えるそうです。暗くなって確認できませんでした。

aaaaaaa浄住寺1aaaaaa浄住寺3


12月3日、まだ紅葉がみれる場所があると情報があり、浄住寺、光明寺、下鴨神社に走りました。


aaaaaaaaaaaaaaaaaa浄住寺4


昨年、下見して見つけた浄住寺、紅葉は盛りと聞きましたが、色がいまいちでした。小さなお寺ですが石段もあり朝日の位置も良いので、来年また挑戦です。


このあと、下鴨神社に向かいました。














テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

京都錦織Ⅲ

吉峯寺から北野天満宮に向かいました。しかし紅葉は色はイマイチ、1枚しか撮れませんでした。
お昼はいつもの次郎吉で頂いて、蚤の市で包丁を買い、下鴨神社に向かいました。


北野天満宮aaaaaaaaaa真如堂8


下鴨神社は、まだ全然色付いていません。1枚も撮れず、まめ茶を頂いて、真如堂にいきました。まめ豆茶は、食のコーナーでまた掲載します。右は真如堂です。


aaaaa真如堂2aaaaaaa真如堂1

真如堂もまだら紅葉です。散っている木もあれば、盛り半分もあります。

真如堂5aaaaaaaaaa真如堂3


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa帰りがけに日が射して来ました。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa真如堂7


このあと、将軍塚の新しい舞台を夕日狙いで走りました。

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

京都錦織Ⅱ

毘沙門堂のあと吉峯寺に向かいました。午前中は天気が良いはずが曇ってしましました。
毘沙門堂は散り始めでしたので、吉峯寺も終わりかと思いきや結構綺麗でした。
今年の紅葉予想は難しいです。


吉峰寺1aaaaaaaa吉峰2

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa阿弥陀堂前はいつも良い色を見せくれます。


aaaa
吉峰3aaaaaa吉峰5


開山堂の横の大木が市内一望とコラボしています。


吉峰7aaaaaaaa吉峰1

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
釈迦堂の入り口からの眺望です。

頂上まで行く途中です。


aaaaaaaa吉峰8


ここまでの高さがあっても、毘沙門堂より紅葉が遅いとは、わからないものです。
薬師堂のすぐ前の展望台です。


このあと北野天満宮に行きました。

続きます。






テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR