北野天満宮縁日

北野天満宮毎月25日は縁日です。天神さんと親しまれていますが、蚤の市として有名です。店は参道の真ん中と駐車場の列と右側の道と3列並び、店の数は凄く多いです。

縁日1aaaaaaaa縁日13


aaaaaaaa縁日7aaaaaa縁日3

まず目についたのは、服、反物、骨董が多いです。外人さんが多く立ち寄っていました。欧米人が多いです。
竹竿を売っていました。なかなか良い物でした。


縁日2aaaaaaaaaaa縁日5

大工さんが使う特殊な道具のお古です。昔、叔父さんが使っていた物もあり懐かしいです。子供の頃、叔父さんが使う道具を手に取って不思議な形と思って見ていた記憶があります。


aaaaaaa縁日6aaaaaaa縁日4


砥石です。赤い札に百満円とあります。店主に聞きますと、100万円の石から切った物だそうです。


縁日8aaaaaaaaa縁日9


ブリキのおもちゃです。電車46000円でした。右は本物の煙管(きせる)です。結構安いです。3、4000円でした。


aaaaaaaa縁日12aaaaaaa縁日10

aaaaaaaaaaaa縁日11


お昼ご飯は、上七軒の次郎吉さんで頂きました。天神さんから歩いてすぐです。普段、昼食は営業していませんが、縁日の日は営業しています。


店の数が多くて、1時間半かかっても全部回りきれませんでした。

店主に話しかけても関西弁でおもしろく返ってきます。写真も気軽に撮らせてもらえました。買う気は全くなかったのですが、箪笥の骨董品を衝動買いしてしましました。

暑い日でしたが、客が少ない分値引きも大きいようです。本気で買うなら今日みたいな日がお勧めみたいです。












スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

スキャンダイナ A-25 デンマーク製

SUNSUI に続いてスキャンダイナという余り知られていないスピーカーを購入しました。かなりボロの物を試しにヤフオクで購入しました。

もともと、デンマーク製のユニットにDYNACO(ダイナコ)が作っていたものをスカンジナビアのメーカーが販売して、スキャンダイナとなったと言われています。DYNACO A-25Xなどいまだに人気がありユニット構成とSPBOXもほとんど同じです。

スキャン正面ネット無aaaaaaaaaaスキャン左ネット無

2WAY、ダクトに吸音材がフルに詰められています。ウーファーのエッジはウレタンでしょうか、かなり柔らかいです。。

aaaaaaaaaスキャン後ろaaaaaaaaスキャン端子i

SP端子はネジ式でかなり大きいので太いSPコードもしっかり留めれます。

スキャンダツイータaaaaaaaaaaaaスキャツイーター網目外し

金網を外すと、センターが見えます。ソフトドームで柔らかいです。ウーファともに綺麗な状態です。箱だけ磨けば、かなり良さそうです。

aaaaaaaaaaaaスキャンダツイータ裏aaaaaaaaaaaaaaaスキャンウーファ裏

左ツイター、アルニコ内磁型、右ウーファも同じです。


スキャン箱中aaaaaaaaaaaaaaaスキャン旧コン

配線はオーディオテクニカに替えてありましたが、コンデンサーは古いままです。DAYTONに交換しました。吸音材がぎっしり詰めてあります。かなり古いので、変わりを探しました。ミクロンウールです。500mm×1100mm厚さ25mmで1215円です。ダンピングの効いた自然な音が特徴とか。

aaaaaaaaaaaaaaaaスキャンデイトンaaaaaaaaaaaaaスキャン吸音材

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaスキャン使用ラベル

仕様書は3か国語です。良く見ると、インピーダンス4Ωとあります。しかしSP端子は8Ωとあります。

音はアルニコらしい澄んだ音です。しかし薄っぺらい音ではなく解像力もあります。クラッシックでは大編成でも脇役の楽器も聞き取れます。小音量から大音量にしても周波数帯域の変化が少ない安心して聴いていられます。心地の良い音像です。国産ではこんな音は聞いたことないです。

SCANDYNA A-25はど低域が柔らかくクラッシック向きで、DYNACOシリーズは少し低域が締りがありJAZZもいけるらしい。DYNACOが欲しいので、このA-25はヤフオクに出すことにしました。

このスピーカーは9900円でした。結構、楽しめました。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

京都万燈供養

お盆の万燈供養も色々ありますが、ここは数が凄い多いです。一度は訪れたかったお寺です。

aaa万燈6aaaaaaaaaa万燈7


aaaaaaaaaaa万燈3aaaaaaaa万燈5


万燈2aaaaaaaaa万燈4



aaaaaaaaaaaaaaaaaa万燈1


山科区 阿含宗総本山でした。

合掌








テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

SUNSUI SP-150 整備完了

やっと、サンスイSP-150の整備が完成しました。

sp150コンデンサ交換後aaaaaaaaaasp150SP新端子

コンデンサーを全部交換しました。同じメーカー全部揃えることができないので、残念ですが、ドイツ製スエーデン製高級品にしました。SP端子をネジ式に交換するため、基盤のINPUT部は穴を大きく加工しました。


aaaaaasp150b.jpgaaaaaaasp150新ターミ配線


ネジ式は基盤に直接ハンダ付けできないので、線材を付けます。


sp150新ターミaaaaaaaaaaasp150kure_20160813224003d2f.jpg

本体に取り付けて完成です。エッジが固くなっているので、柔らかくしないと低域の歯切れがわるいので軟化剤を塗ります。専用の物がヤフオクで出ていますが、車用のつやだし材でも代用できるとブログで紹介されていました。残りのものがありましたので、試してみました。SPを横にして、塗布して2日ほど放置します。


そのあと音だしエージングを3時間ほどします。これはCDなど販売されているものではなく、FMのザー音です。つまり、局と局の間のザーという音です。これは不思議なんです。物理的には証明できないです。でも音は厚みを増して押し出しの強い音になります。昔、オーディオ評論家長岡氏もお勧めしていたそうです。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaSP150とスキャン


写真は左はサンスイ、右はスキャンダイナ、上は友人のシーメンスです。


音は歯切れが良くなり、澄んだ音です。低域は、フーファのフェライトマグネットの良さが出ています。
ボーカルはアルニコマグネットらしい柔らかな澄んだ音です。最初は、すぐヤフオクに出してしまおうと考えていましたが、これは整備して良かったです。
13500円はお値打ちでした。暇つぶしにしては有意義な改造となりました。







テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

川霧、円原川

7月に神崎川と載せましたが、円原川の間違いです。2回目の挑戦です。もう季節的には終盤ですが、定番の場所には10人ほど三脚を立てていました。凄い根性です。諦めて上流に向かいました。

円原7aaaaaaaa円原6

残念ながら、川霧は少ししか出ませんでした。


aaaaaa円原5aaaaaaa円原2


誰も撮っていない場所で待ちます。光りが当たると、霧が出てきて撮りますが、足りません。



aaaaaaaa円原8


来年、また挑戦です。


テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

若冲展とダリ展

8月2日 伊藤若冲の東京展は行けなかったので、京都展に行きました。展覧会だけでは、写真が撮れないので、蓮寺も拝観してきました。
早く着きすぎたので、モーニング珈琲タイムです。名古屋のようにモーニング珈琲はないかと思ってましたが、婦人画報に地元の人が通うお店の中に紹介されていました。タブレットの雑誌読み放題を開き、婦人画報の8月号を探します。便利ですねー、購読しなくてもバックナンバーもサクサク見れます。


aaaaa
婦人dmagazinaaaaaaaaa婦人新進堂 (2)

進々堂寺町店のフレンチトースト、蜂蜜を掛けて頂きます。このお店の前にお寺がありました。行満寺、中に蓮が咲いていました。


aaaaaaaaaaaaダリ行満寺aaaaaaaaaダリ行満寺2

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa大賀蓮のように大きくて、純白です。


aaaaaaaa若冲展示aaaaaaaaaaaダリ新進堂


細見美術館は京都市美術館すぐ近く、歩いて行けます。若冲展は墨画のみの作品でちょっとガッカリです。東京展の作品群ではありません。ダリ展は写真の構図の勉強になります。遠近感が半端ではありません。こういう傑作をみると、絵画と写真と比べると写真の価値とはなんぞやと考えてしまいます。


aaaaaaa金剛門aaaaaaaaaaaaa金剛2


aaaa金剛4aaaaaaaaa金剛3


蓮寺として有名な法金剛院を拝観しました。今年はどの花も咲きが早くて、撮影時期を逃してしまいます。ここも終わりかけです。
















テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

山県市神崎川の川霧

7月31日、山県市の川に朝霧がでる有名な場所があるので出かてみた。季節的には遅いが下見のつもりで行きました。

円原9aaaaaaaaaa円原5

苔が付いていて、岩の色が邪魔にならないので素敵です。天気予報に反して、朝日が射して来ました。

aaaaaa円原8aaaaaaaaaaa円原6


残念ながら、ポイントが悪かったせいか斜光は出ませんでした。


aaaaaaaaaaa円原3


標高は低いですが、伏流水が湧き出ていて水が綺麗です。


aaaaaa円原7aaaaaaaaaaaa円原2


暑い日が続きます。こんな綺麗な水の写真で、癒されていただければ幸いです。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

北杜市白州米

南アルプス市のペンションらんたんで食べたお米が美味しくて、販売しているお店を教えて頂き帰宅途中で購入しました。
白州道の駅で販売していて、また湧水も給水できると朗報でした。


aaaaaaaa白州米袋1_edited-1aaaaaaaaaaaa路の駅

お米品評コンテストで金賞を3年連続受賞したコシヒカリです。お米のおいしく食べられる賞味期限は夏は、精米してから15~20日くらいと説明があります。以外に短いですね。


aaaaaaaaaaaaa白州米袋裏_edited-1aaaaaaaaaaa米洗う1

ここで、お米マイスターが美味しく炊ける方法を紹介していましたので、手順をお見せします。まず、ざるに入れた生米を水道水を全体に1回だけ流します。ここでやり過ぎてはいけません。また手で混ぜてもいけません。お米の表面が傷つくからです。旨味が出てしまいます。マイスターはここでミネラルウオータを掛けるそうです。


aaaaa米洗う2aaaaaaaaaaaaa米洗う3


お米を鍋のなかで洗いますが、最近のお米は洗いすぎても美味しくないです。少し濁りが残るくらいが良いです。このお米の場合は2回流すだけです。このあとすぐにジャーに掛けるのではなく、ボールに移して冷蔵庫に入れて水を冷やします。どうでしょう早くて1時間くらいかな。ボール内の水が冷たいと感じれる時間です。


aaaaaaaaaaaa白州米炊いた


う~ん、お米が立っているのが、わかるかな?艶があります、米が潰れていません。
美味しいです。生卵掛けても良いし、塩鮭のお茶漬けでもいいし、何杯もイケちゃいますね。炭水化物の撮り過ぎだって?日本人のDNAの中にはお米を何世紀もたべてきている記憶の輪廻があります。食べ過ぎてはイケないなんておかしいでしょ。他にアルコールやツマミなど食べれば、炭水化物が悪者になりますね。その時はお米が悪者ですね。でも、普通の夕食なら、お腹いっぱいお米食べて悪いわけがないでしょ。パンは毎日食べていると飽きてきますが、お米は飽きないですよね。


白州米炊いた茶碗aaaa
白州米水汲み場

美味しいお米は、おにぎりにするとわかりますね、味が落ちないし、べた付かないんです。

ここの水は甘いんです。これで珈琲を炒れると甘味を増してくるんです。


あと、美味しく頂くには器も大切です。これは土で焼いたものです。お米の香りが強く鼻に感じれて、米が美味しくなるのです。真っ白の薄い茶碗より、この茶碗の方が絶対おいっしいーですよ。

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

SUNSUI SP150スピーカー

若い頃、サンスイの格子グリルのスピーカーに憧れたものでした。今ではそんな手の込んだスピーカーは販売されていません。
そんな訳で、GWに安物をヤフオクで落札したので整備に取り掛かりました。30年も前のこのシリーズは、いまだにヤフオクで売り買いが盛んです。


aaaaasp150とスキャンaaaaaaaaaaaaasp150木目

左がSUNSUI SP150、右はスキャンダイナです。この後、紹介します。格子グリルが芸術的です。木目が綺麗で部屋に置いてあってもアンティーク感があります。この状態はピカピカに磨き上げたあとです。

aaaaaasp150旧ターミaaaaaaaaaaaaaaaaasp150正面ネット無

SP端子がワンタッチ式ですので、ネジ式に交換します。このパネルは6ケのネジで簡単に外せます。裏にアッテネータ基盤が装着されていて整備はしやすいです。この時代のスピーカーは結構、コンデンサーなど板に直付けが多いですが。これは良く考えてあります。ユニットのコーン紙も状態はとても良いです。13500円はお買い得でした。

sp150ウーファaaaaaaaaaaaasp150ウーファー1

ウーファはフェライトマグネットでした。

aaaaaaaaSP150ツイータaaaaaaaaaasp150スコーカ

スコーカとツイータははアルニコマグネットでした。これは良かった。

sp150ツイータスコーカaaaaaaaaaaaaaasp150アッテネータ触る前


アッテネータのコンデンサを交換しようと基盤のネジを外しても、基盤が取れません。理由が分からず時間がかかりました。

sp150端子ハンダaaaaaaaaasp150旧ターミナル


SP端子の金属部が直接基盤にハンダ付けしてありました。INPUTの所です。

これは大型の半田ゴテでないと熱が足りません。でもネジ式に替えるので強引に外しました。それでやっとコンデンサーを交換することができました。

続きます。



















プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR