渓流釣り

みずがき湖の散策も終わり、ペンション「ガストオフらんたん」向かいました。二度目の宿泊です。

朝食です。焼きたてのパンに手造りジャム美味しいです。釣師がそんなに遅くに出発して釣れるんですか?と言われそうですが、この時期雨が降って川が濁り出ないと全く釣れません。天気予報は雨なので、ゆっくり待ちました。

らんたん朝食JPGaaaaaaaaaaaaaa渓流5


塩沢川を紹介していただき向かいましたが、渇水で全く魚の反応がありません。そこで出会った地元の人が、魚が泳いでるのが見える川を紹介してくれました。


aaaaaaaa渓流6aaaaaaaaaa渓流2


紹介してくれた、落ち込みは何の反応もなかったので、下に降りたら浅い川が続きました。1枚目も2枚目も膝くらいの深さしかありません。


イワナ1aaaaaaaaaaaaa渓流3


出ました、こんな浅瀬で24cmのデカい岩魚です。スレていないので、一回で掛かりました。釣り人も入った形跡がなく、掛かり方も針を飲み込んでいるのでスレていない証拠です。アマゴの混成地区です。楽しいです。浅瀬、落ち込みが続きます。熊の目撃情報が貼ってありました。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa渓流1


美しい渓谷が続きます。途中、竿をカメラに持ち代えて撮影しました。秋は良さそうです。
帰宅途中、夕食探しで20号線を走って諏訪南インター近くで岩魚の看板を見つけました。

aaaaaaaaa匠看板aaaaaaaaaaaaaaa匠鹿肉カレー


岩魚を食べようと思ったら、鹿肉カレーがあり変更です。写真を途中で撮りました。


この店のオーナー、釣りも猟銃もやるようです。以前、ブログで黒曜石の湧水を紹介しましたが、そこで発見された縄文時代の「矢じり」が飾ってありました。オーナーが小学校の時拾ったそうです。今は捕れないそうです。貴重ですね、縄文時代ですよ。


aaaaa匠矢じりaaaaaaaaaaイワナ2


最後に釣った魚を自宅で塩焼きで頂きました。合掌。

お店のオーナーの許可を頂いて掲載しています。
無断転載、お断りします。



今回の富士山撮影、紅葉下見、温泉、釣り、食と欲張り紀行は終わりです。収穫の多い旅でした。









スポンサーサイト

見晴らし平から北杜市へ

12日見晴らし平で富士山の朝日を見てから、北杜市みずがき湖に向かいました。月刊誌風景写真に撮影ポイントとして紹介されていたので、紅葉撮影ための下見に行きました。


みずがき湖8aaaaaaaみずがき湖6


ここも国立公園でした。南アルプス国立公園、八ヶ岳中信高原国定公園と、ここは秩父多摩甲斐国立公園と名所が並びます。県境に位置して急にそびえ立つ「瑞牆山」(みずがき山)、紅葉の名所のようです。みずがき湖の右の道から左回りにドライブしました。


みずがき湖2aaaaaaみずがき湖1


まずはラジウムかけ流し温泉に浸かりました。増富温泉です。茶色の湯で、温度が25℃、30℃、35℃、37℃、42℃、と5種もあります。42度だけ透明であとは茶色です。低い温度で皆さんじっとしています。そんなに長く居れないので、最後に42℃に入って完了です。42℃は鉱石が転がっていて、それに座ってじわっと温まります。

aaaaaaaaaaaみずがき湖3aaaaaaaaみずがき湖4

綺麗な水です。透き通っていて子魚が見えます。岩魚が居そうな落ち込みです。たまらず試し釣りです。


みずがき湖アマゴ1aaaaaaaaみずがき湖アマゴ2


小さい当りがコツコツときます。小物です。以外にも天女魚(あまご)です。綺麗な朱い点があります。長野、関東辺りからヤマメのはずですが・・・・・小さいのでリリースです。


aaaaaaaaみずがき湖蕎麦6JPGaaaaaaaaaaaaみずがき湖蕎麦7


お蕎麦屋「有井館」です。お昼ご飯に頂くことにしました。奥に茅葺の家が見えます。


みずがき湖5aaaaaaaaaみずがき湖蕎麦8


凄いデカい岩魚がいます。お見せの人がこの近くの川で釣ったそうです。デカいのは40cmくらはあります。こんの釣りたい・・・・・。先ほど試し釣した上流部になります。


aaaaaみずがき湖蕎麦9aaaaaaみずがき山11


黄色のは月見草の酢の物だそうです。庭に咲いていた花です。手前は山ウドの葉です。

瑞牆山です。このあと不動滝に向かいましたが、悪路を走り駐車場から45分歩くそうで時間切れで今夜の宿「ガストオフらんたん」に戻りました。


このあとイワナ釣りに続きます。













バードランドでフラメンコショー

6月26日 久々に刈谷市バードランドにライブを見に行きました。柿野とも子フラメンコショーです。

超満員でした。なんとか席を空けていただきましたが、一番後ろで撮影が上手くできませんでした。
説明ができませんので、写真だけでお楽しみください。


フラメンコ柿のとも子aaaaaaaaaaフラメンコ12


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa柿野先生のフラメンコさすが迫力あります。



aaaaaaフラメンコ7aaaaaaaaaaフラメンコ6


aaaaaaaaaaaaaaフラメンコ10


aaaaaaaaaaaaaaaいつも歌手は日本の女性でしたが、きょうは本場の方のようです。声量がちがいます、ノリがaaaaaaaaaa違います。この歌聴くだけでも価値があります。


aaaaaaaaaaaaaaフラメンコ9aaaaaaaaaaaaaフラメンコ11


フラメンコ13aaaaaaaaフラメンコ15


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaフラメンコ14

ギター演奏も魅了されます。

掲載にあたり、柿野先生に許可を頂いております。

無断転載お断りします。







真空管の選択6550とKT88

久々のオーディオです。ネタはいっぱいあるのですが、季節の写真が優先でなかなか載せれません。

いきなりですが、真空管の選択について書きます。真空管の音がアナログ的とかで、最近また人気があるようです。真空管のアンプの醍醐味は、球のメーカーを交換することで自分好みの音に変えられるところです。

私のパワーアンプはDYNACO(ダイナコ)MK3です。出力管は形の違いで3種類あります。純正はダルマ管と言われ、だるまさんの形に似ているからです。
 
   1.ダルマ管6550:RCA、TUNG-SOL製の2種
   2.GE6550 GE製
   3.KT88  GOLD LIONとGEC


1と2はアメリカ製、3はイギリス製です。DYNACOはアメリカ製ですので、純正に拘れば6550になります。6550はJAZZ向きと言われ、KT88はクラッシク向きと言われますが、アンプはアメリカで球をイギリス製にすると良いとこ取りになります。

音の好みですが、JAZZオンリーなら6550の押しの強さが良いでしょう。また、GE6550とだるま管6550では6550は同じ番号でも音が違います。


GECアップ2aaaaaaaaaRCAアップ

左がGECのKT88、右がRCA製もの6550です。形は違っても特性は同じで互換性があります。RCAとTUN-SOLは中身は全く同じものです。このふたつを混合でアンプに装着する人はいないでしょう。音の特徴が無くなってしまいますから。それと、これからが本題です。DYNACOのアンプはPP(プッシュプル回路)回路なので、球の電流値が揃っていないとアンプが壊れてしまいます。


aaaaaaaaaaダイナコ裏面aaaaaaaaaバイアス測定用抵抗


DYNACO純正は電流を調整するバイアス回路が付いていませんので、球の選択では誰もが困っています。それでDYNACOを購入する人が少ないようです。私の回路には測定用の抵抗が付けてあります。テスター棒の先の茶色の抵抗です。


バイアス測定用コネクターaaaaaaaaaaRCANO2とNO3の測定値アップ


そして抵抗に線を繋いで、余っているコネクターに伸ばして表から測定できるようにしました。テスター棒の左のコネクターが左の球の電流、右が右の球で、0.6Vと0.596Vと表示されていますので、完璧にバランスが取れています。

電流値は0.6V÷10.4Ω=57.7mAとなります。DYNACOMK3は70mAくらい掛けてあります。60mAの方が球の寿命が長持ちします。音質的にも問題ないと思います。


aaaaaaaaaaRCAバイアス測定4番7番の4番aaaaaaaaaRCAバイアス測定4番7番の7番

その他、予備玉のバランスも許容範囲です。予備玉をヤフオクに出品することにしました。ペア管を2セット出品します。興味ある方は見てください


aaaaaaaaaaaGEC茶ベース


aaaaaaaaaaこの2種、ベースが茶色ベースで、1番人気なんです。黒ベースはGE6550とGOLDLIONです。

1番人気、それはなぜかというと音が良いからです。GECの印刷に、MADE. IN.UKとあります。United of Kingdom :イギリス連合王国の略です。この時代の物造りはすばらしい物があります。今のロシア製や中国製などは、これを聴いたら、もう音楽性が全く違います。


ふたたび見晴らし平の富士山

7月11日~13日ふたたび、南アルプス市に行きました。富士山、釣り、温泉、食と欲張り紀行」です。
まずは見晴らし平の夜到着して、富士山と星を撮影、しかし富士山付近は曇りでした。


見晴平夜景1aaa見晴平夜景2



見晴平夜景4aaaaa見晴平朝富士5


夜の空模様では朝日も無理かと思われましたが、富士は見えています。4時には明るくなり、富士の回りだけ雲がありません。これは朝日が富士に当り期待大です。朝日が出る前に、ドラマチックな雲が富士の上に流れました。


aaaaaa見晴平朝富士2JPGaaaaaa見晴平朝日1


しかし、日の出が始まると雲は移動しないのに、しだいに霞がかかり富士は見えなくなりました。こんなこともあるんですね。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaa見晴平朝富士6



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa見晴平朝富士3

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa霞む富士も綺麗ですが、あっという間に富士は消えました。


見晴平朝富士9aaaaaaaaaaaa見晴平林道



最後の写真は見晴らし平から街に降りる途中です。

このあと、みずがき湖に続きます。

さくらんぼ狩り

ブログ上、ペンションガストオフらんたんから始めましたが、6月26日に尾白川渓谷とさくらんぼ狩りをしました。この日が最終日と言われ、いくつかの農園を電話して、チェリーファームおおのさんに決めました。今年は実りが早く終了も早かったそうです。


尾白川2aaaaaaaaaaaaa尾白川3


aaaaa尾白川1aaaaaaaさくらんぼ佐藤錦


尾白川渓谷(おじらかわ)は旅行ガイドブックで往復3時間の渓谷とあり、軽装で向かいました。入口に尾白の森公園べるがで訪ねてみると、そんな軽装では危ないと注意されました。滑落の危険があるようで、無理でした。途中の神社と吊り橋までなら行けるようで見に行きました。登山者の方がた、結構重装備です。みなさんも注意してください。

さくらんぼ紅秀峰aaaaaaaaaさくらんぼジャンボ錦2


さくらんぼ狩り農園はほんとに最後で、実が付いた木は少なかったです。まずは、佐藤錦、紅秀峰です。ここで初めて知った、ジャンボ錦です。実が大きいです。実が厚いです。リンゴを小さくしたような形です。これを食べたらやめられません。まだ少し早いそうですが、充分甘いです。もう3日ほどすると赤くなるそうです。


aaaaaaaaa
さくらんぼ3


aaaaaaaaaaaaaa指の大きさから、実が・・・・・・・。


さくらんぼお土産2aaaaaaaaさくらんぼお土産


実の厚みがわかるかな?500gお土産に注文しました。

ジャンボ錦は、他にネット販売のみ販売します。市場にでることは無いそうです。ラッキーでした。

このサクランボ、農園の最後10日間程度しか食べるチャンスはありません。あまり情報を出せないので、悪しからずごめんなさい。


南アルプス市CHERRY FARMおおの農園、掲載にあたり農主に了承いただいております。

無断転載、お断りします。






ペンション「ガストオフらんたん」から富士山展望

ペンション「ガストオフらんたん」で教えて頂いた櫛形山見晴らし平に向かいました。

その前に、らんたんの掲載忘れた写真を載せます。


ランタン暖炉aaaaaaaaaランタン外1

暖炉がある部屋で「ジブリJAZZ]が流れていました。うちでも聞いた曲でした。


aaaaaaaランタン露店風呂aaaaaaaaaaaaaaaランタン見晴平


写真は朝の露天風呂、夜は露天風呂から満天の星が見えます。写真は失敗しました。お見せできず残念です。

らんたんから櫛形山の展望台「見晴らし平」まで、町まで下りてくるりと廻って45分、林道を通って15分です。林道は落石が多くて、通行止めもあります。冬期は通行止めです。


ランタン見晴平2aaaaaaaaaaaランタン見晴平3


望遠で撮るとこんな感じ。雲が切れてきました。撮影6月27日。


aaaaaaaaaaaaaaaaランタン見晴平5



富士山も近くで見えて、温泉もあり新緑、紅葉、さくらんぼ狩り、甘利山のレンゲつつじ、尾白川渓谷(おじらがわ)、精進が滝(しょうじがたき)と楽しめるペンションらんたん、お薦めします。

オーナの奥様の脱サラから経営に至るまでの、お話がとても興味深かったです。企業戦士からペンションオーナーになるまで、ここで説明しては、つまらないので泊まって聴いて下さいね。


さくらんぼ狩りに続きます。






プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR