Wharfedale Melton2

ヤフオクでスピーカーを見ていたら、イギリス製MELTON2という珍しい物が出ていた。ジャンク扱いで音だし確認もしていない説明がある。ネットも外した形跡がないのでエッジが破れているかもしれない。でも一か八かで落札してみた。

Wharfedale(ワーフェデール)というイギリスでは、TANNOY(タンノイ)に並ぶブランドらしい。1950年カーネギーホールで自社スピーカーの再生音と生演奏と聴き比べを行って有名になったとか。


アルニコマグネットを期待していたが、フェライトである。ネットを外してみると意外とまともで、お買い得であった。清掃してみると、結構、痛みもなく美しい、サランネットが芸術手的な造りである。


ワーデール1aaaaaaaaワーデール6


ウーファー30cmもある。エッジは見たことが無いゴムのようなものが塗ってある感じだ。経年変化で硬質になっているため、柔らかくするため、車用のアーマコートを塗って柔らかくしてみた。
エッジは全く痛んでいない。


aaaaaaaaaaワーデール2aaaaaaaaaaaワーデール5JPG


早速、音だしをした。荒れていて、高域がキツイ、5cmのコーン型で表面にスポンジが貼られている。コンデンサーなど交換必要がある。これからが面白いのだ。
再生周波数は45~17khzと高域が弱いはずだが、結構出力されている。特性データは当てにならない。アルテックのユニットでも17khzぐらいだが、実際に聴いてみるとフルレンジだけでも聴けるからそれと同じだ。日本人は物理的特性に弱く、どうしても数字で買ってしまう。


aaaaワーデール8aaaaaaaaaaaaaaaワーデール9

フェライトマグネットで、フレームはアルミでがっちりできている。

aaaaaaaワーデール7_edited-1aaaaaaaワーデール4



コンデンサーを高級品CROSS CAPにして、左の錆びた端子も交換しました。SP端子もピカピカにみがきました。この端子はネジが小さいので、SP線を留めるのに苦労します。


aaaaaaaaaaaaaaaワーデール10


完成しました。さてどんな音になったでしょうか?
う~ん、タンノイとは全く異なる音だ。低域は弾むように出てくる。エッジの違いだ。クラッシックには合わない、前に出てくる押し出しの強い音だ。

ビートルズを聴くとはまってしまう、リズム感があり、ロックの激しさも見事に再生してくれる。まるでビートルズのために造られたかのようだ。ボーカルは張出しがあり、声が前で発生しているようにも感じるほどだ。


Wharfedale MELTON2 1973年頃 1本37000円
再生周波数:45hz~17khz
インピーダンス:6Ω
定格入力:30W
サイズ:幅370×高さ535×奥行260mm
重さ:14.5kg


スポンサーサイト

新潟県星峠1

田植え後の星峠、朝靄を期待して走りました。


星朝日6aaaaaaaaaaa星朝日2


aaaaaaaaaaaaaaaaa星朝日1



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa星朝日5



星朝日3



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa星朝日4


朝靄は出ませんでした。水田への映り込みも少なく残念でした。このあと大源寺ブナ林に向かいました。

田植えは始まったばかり、まだ田植えが済んでない所もあります。

続きます。

ライブ「INTELSAT」石井彰(p)

12日西尾市INTELSATでJAZZライブを聴いた。

石井彰(p)&金澤英明(b)DUO、スペシャル出演今岡友美(Vo)

石井さんと金澤さんは、昨年11月にJAZZ In LOVELYで日野皓正リーダーで演奏を聴きました。日野さんが日本に来ると、石井さんは必ずメンバーで各地を訪れます。


インテルサット5monoaaaaaaaaaaインテルサット2mono


aaaaaaインテルサット3monoaaaaaaインテルサット1mono


憧れのスピーカーJBL4344です。大きいなあ、個人宅の部屋では無理です。


aaaaaaaaaaaaaaaaインテルサット4mono


初めてのインテルサット、なかなか良かった。今岡さんの声を抑えた歌い方に惹き込まれました。最後の曲が「卒業写真」、ピアノとベースがJAZZなんて卒業写真も色々な編曲で楽しめる曲ですね。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

瀬戸市「赤津窯の里めぐり」

5月8日瀬戸市赤津地区のイベントに行きました。
瀬戸物祭りは結構有名ですが、ここはまだ穴場的存在です。のんびりと窯焼きと陶芸作家の作品を見てきました。

赤津1aaaaaaaaa赤津2


aaaaa赤津3aaaaaaa赤津12


路地をいくつも散策して窯の家を回ることができます。


赤津7aaaaaaa赤津6

陶芸教室を開いていました。左は絵付け場所。


aaaaaaaa赤津9aaaaaa赤津4


左の器は素焼き後に絵付けをしたものです。右は本焼き上げで完成です。色合いがかなり変わったことがわかります。乾燥して縮ます。

会場内はイベントで出店や喫茶コーナーがあります。右の方、ケーキ屋さんかと思いましたが、石鹸でした。


aaaaaaaaaaa赤津13


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa料亭からの注文で造っているそうです。



aaaaaaaaaaaaaaaaa赤津10


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa六兵衛陶苑さん。お父さんの技に、しきりに感心するお子さんでした。


大府文化の社ALLOBUの写真展は15日までの予定でしたが、30日まで延期となりました
写真は入れ替え、今回枚数増加して、A3ノビ:5枚と全紙:2枚です

新潟の十日町市の棚田などです。2015年4月30日撮影したものです

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

レコードプレーヤTT81修理

レコードプレーヤのクオーツロックのランプが点かなくなり、そのうち音がスッキリしなくなってきた。ピアノの「ガーン」と弾いた後の余韻が振らつく、締りがない。
とうとう故障した。

直したいが回路図がない、どこを直したらいいかわからない。
そこでこのブログで、何方か情報いただけないか載せた所1ヶ月後にコメントが届いた。北海道在住で名古屋にも住んでいた方でした。大須のどこの店に部品があるなど細かく資料を頂きました。ブログうをやっていてよかった。

どうせ分解するなら、良く壊れるトランジスタも交換した方が良いと、アドバイスして頂いたので、オペアンプなども大須で購入した。


TT81b.jpgaaaaaaaaaTT81a.jpg

オレンジのランプが点灯しない、ピッチコントロールは点灯する。


aaaaaaaaaTT81c.jpgaaaaaaaaTT81d.jpg


ターンテーブルを本体から外して、裏返してカバーを取ります。1枚基板で整備はしやすそうです。


TT81e.jpgaaaaaaaTT81f.jpg

コネクターを外して見ると、案の定コンデンサーの液漏れしている。コンデンサー、オペアンプ、トランジスタを交換してみる。

aaaaaaaTT81h.jpgaaaaaaaTT81g.jpg


ハンダ吸い取器が無いので、ハンダ吸い取り線で挑戦した。オペアンプ4558Dは足が小さく、老眼鏡掛けて、さらに拡大鏡で見ないとわからない、ああ辛いな。


何とか交換して、組立て、さて電源を入れます。緊張の瞬間です。

あれ、回転もしなくなった、焦げ臭い・・・・・。やってしまった(泣き)

初めて失敗した。ターンテーブルは廃棄か病院行きとなる。


続きます。





テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

アルプホルン

7日大府市のミルクショップ知多農場で変わった楽器の演奏を聴いた。スイスの民族楽器、アルプホルンという珍しい楽器です。
アルプホルンなごやの会員がこの農場で定期的に演奏しているそうだ。ALLOBUでも練習しているそうです。


音を作る穴はなく、マウスピースの唇だけで音階を作るそうです。


アルプホルン1aaaaaaaaaaaaアルプホルン2


aaaaアルプホルン3aアルプホルン4



アルプス山脈の放牧場で牛追いや近隣のお知らせとして、使われていたので音階が少ないのです。
この日は子供の日に合わせて、鯉のぼりなど日本の曲を演奏しました。

アルプホルン5aaaaaaアルプホルン6


aaaaaaaaaaaaアルプホルン7

長野県まで行き、檜を使って作られています。

3本に分解できます。

ほのぼのとした音で、癒されました。


お子さんを連れて、是非聴きに来てください。

このお店で搾乳して作ったプリンやヨーグルト、美味しいですよ。

吉野太夫花供養Ⅱ

北海道にも桜前線が来たようです。東北は満開になって雪が降ったそうで、たいへんな気候ですね。
風景写真家には絶好のチャンスですが。

太夫の野点の続きです。野点とお煎茶席の紹介です。

太夫野立6aaaaaaaa太夫野立7


若雲太夫さん、簪(かんざし)が豪華です。これで太夫の位がわかるそうです。

aaaaaaaaaaaaa太夫野立9aaaaaaa太夫野立8

aaaaaaaaaお抹茶を頂いたあと、お道具の説明を聞きます。難しくて頭に残りません。


太夫煎茶会3aaaaaaaaaa太夫煎茶会


野点の後、煎茶道方円流による煎茶席です。


aaaa太夫煎茶会5aaaaaa太夫煎茶会1


まずお菓子を2ヶ頂きます。抹茶と違い、まずお茶を飲みます。それからお菓子を頂きます。そして同じ急須からもう1杯入れたものを飲んでから、またお菓子を頂きます。

慣れないので、緊張します。


aaaaaaaaaaaaaa太夫煎茶会2


aaaaaaaaaaaaaaaaお道具です。

とても貴重な体験をしました。優雅な1日過ごせました。


<私の写真展のご案内>
大府市おおぶ文化交流の社ALLOBU 1Fにて、5月15日(日)20時まで展示しております

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR