琵琶湖、菖蒲を求めて

久々に琵琶湖撮影紀行です。あまりにも多くの出会いがありましたので、しばらく連載します。
まずは美しい麦畑から掲載です。箱館山(はこだてやま)に向かう途中と山からです。

麦畑1aaaa麦畑2


aaaaaa麦畑5aaaaa麦畑彩雲


箱館山のスキー場辺りから、田園風景が見下ろせました。緑の田園も美しいですが麦畑もなかなか綺麗です。霞がかかり、見た目通りには写りません。残念。その時、彩雲が出ました。興奮して撮っていると、どんどん形が変わっていきます。

aaaaaaaaaaa黄菖蒲

黄菖蒲はどこでも見られますが、湖岸沿いは撮りたくなります。
本命は箱館山の菖蒲です。

続きます。

スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

抹茶作り体験

昨年、テレビ番組ぐっさんちで紹介していました、抹茶作って自分で点てるお店に行ってきました。
西尾市「あいや伝想茶屋」です。2階に体験専用の部屋があります。尚古荘(しょうこそう)の敷地内にあり庭園も楽しめます。

伝想茶屋玄関aaaaaa伝想茶屋3

市の委託で経営していますので、お値打ちで楽しめます。右は敷地内の尚古荘のお庭です。


aaaaaaaa伝想茶屋5aaaaaaaa伝想茶屋6

茶葉を真ん中に乗せ、茶臼で曳いていきます。結構、力要ります。落ちてきた粉を集めて茶碗に移します。

伝想茶屋7aaaaaaaaa伝想茶屋8

苦味がないマイルドな味わいです。

aaaaa伝想茶屋2aaaaa伝想茶屋1

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa尚古荘にてお茶会も催されていました。

1階の茶蕎麦も美味しかったです。お土産コーナーに蕎麦が無かったので、聞いてみましたところ皆さんに販売してませんかと言われるそうです。この茶そばを食べたあとに、2階で抹茶作り体験をした方が良いと思いました。






テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

枇杷の葉、漢方医

今年の枇杷の実は小さく、数も少ないです。傷みも早く、鳥についばまれていまいました。
旬の作物です。この間、タケノコが旬で美味しく頂きましたが、枇杷に実はあまり旬ということは言われませんね。枇杷の木は病人が増えるという迷信があり残念です。梅雨に入る前には、必ず実を付けるので梅雨期を予測もできます。
枇杷の効用は漢方では、かなり有名ですが、色々な病に効果があるので病人が枇杷を求めて集まることから、病人を呼ぶと言われたのでしょう。

今回は、鎮痛効果のある葉の治療方法を紹介します。最も家庭で実施しやすい方法の一つです。

琵琶の実aaaaaaaa琵琶の葉2

腕や腰など痛みのある場所に直接、葉を貼ると不思議と傷みが軽くなります。私は長年、腱鞘炎で苦しんでいますが(カメラのやり過ぎではありません)、実を食べるだけではなく、湿布治療も試してみました。
葉は黄緑色した柔らかい物と、青色で硬質の物とあります。効能はどちらがいいかわかりませんが、柔らかい方が貼りやすく肌に密着しやすいです。水洗いした後、タオルでふき取り乾いたら火で炙ります。

aaaaaaa琵琶の葉5aaaaaaa琵琶の葉3

温かいうちに、葉の表面を合わせて擦ります。表面のエキスを出しためです。火を当てすぎますと、乾燥します。

aaaaaaaaaaa琵琶の葉4aaaaaaこのようにテープで直接貼ります。

葉は一夜にして、固く乾燥してしまいます。長持ちさせるために、サランラップで覆う方法も資料にありました。昔の人はこんにゃくを温めて薄く切り、葉に乗せて保温を長持ちさせて効能を高めたそうです。

この治療の難点は、夜寝る前に貼ると葉の匂いが体に付きますので,朝シャワーを浴びないといけません。
この他、枇杷の葉茶など良く聞きますが、痛みのある方はこの方法が効果が実感できると思います。もっと正しいやり方があれば、コメントいただければ嬉しいです。

日本に住んでいるのなら、国内でできる作物が一番効能があるのではないでしょうか?日本には四季があり、四季に応じた体調があり、健康になるには四季を食から感じ取ることが大切だと思います。

今朝、テレビ番組で「ココナッツオイル」がアンチエージングに良いとか紹介していました。医学、栄養学が進み権威のある先生が新しい発見をすると、すぐに体に良いと紹介されますが、日本で育たない(環境気候が違うため)作物を食べて健康になれるのでしょうか
しかも食するときの季節を考えず、栄養やアンチエージングだけで健康になるとは思えません。


 「ほんまでっか!の精神で読んでいただければ幸いです」 

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

京都上七軒町モノクロⅡ

上七軒町といえば、祇園の次に舞妓さんの多い所で華やかなイメージがありますが、1本裏道に入ると別世界になります。


ブログ上七軒下校1aaaブログ上七軒11



aaaブログ上七軒2aaaaaブログ上七軒5


また、続きます。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

京都上七軒町

先日、BSで上七軒町を紹介していました。カメラマンが増えないうちに、撮り貯めしておきたいと思いました。

ブログ上七軒21aaaaブログ上七軒23

この道幅には大きすぎるお稲荷さん。右の雑貨屋さんはお休みのようです。


aaaaaaブログ上七軒22aaaaaaブログ上七軒25

車は通れません。バイク1台通れるくらいの道幅です。生活感が、はみ出ています。モノクロでないと表現できないと思い、挑戦してみました。腕前はまだまだですが、続きます。

風景写真からいきなりの感がありますが、しばらく続けます。ご意見いただければ嬉しいです。

棚田の夕日と桜

まずは、先日のブログに儀明の桜を掲載忘れました。そして新田に向かい夕暮れの棚田を撮影しました。


儀明1aaaaaaaa新田4

儀明は2本ありますが、1本は花が寂しいです。一番高い場所で夕日を望みました。山に太陽が隠れるまでわずかな時間です。


新田3aaaaaa新田5


山の頂きにかすかに夕日が当たりました。フキノトウが夕日の逆光で際立っています。写真を撮って欲しいと訴えかけてきます。ここが高いので夕日が低くフキノトウに当たります。ドラマチックです。それがモニターから伝わるでしょうか?フキノトウを左に流し、雪の田を逆に右に流してそして夕日につながるようにしました。こんな工夫でダイナミックに見る人に伝わります。絵画では、この流れは作れますが写真では探して配置を考えないといけません。超広角レンズ10cmまで近づき撮ったので後ろがピンが甘くなりました。桜まで出したかったな。でもフキノトウまで10cmしかないので相当絞り込まないと、後ろまでピンがきません。


新田6aaaaaaaaaa新田7

寂しいく見える1軒屋に強烈な夕日が差し込みます。日が落ちました。雲が全くなく残念です。丸く日が輝いています。これでも作品になりました。昨年も全く雲が無かった気がします。雲があれば反射して、雪も赤くなるでしょうに。来年もまた挑戦です。

棚田の掲載も終わりです。次回は6月の初めに行きます。田植え後で稲が光輝きます。そこに朝日が当たり幻想的になります。こうご期待ください

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

棚田桜とブナ林

津南町の後、棚田とブナ林に向かいました。今回桜も、星峠も雪が多く田に雪が積もっていると情報がありましたの諦め、美人林と儀明の桜に向かいました。

美人林1aaaaaaaa美人林3

美人林は道にもまだ雪があり、長靴でないと入れません。

aaaaaaaaaa美人林2aaaaaaaaaaaaaaa松之山公園JPG


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa右は松之山公園です。散っていました。


新田1aaaaaaaaaaaaa新田2


星峠周辺の棚田はほとんどが朝日の当たる斜面です。夕日は2か所のみ、そのうちの新田に夕日の当たる時間に向かいました。あと数キロのところに満開の桜と出会いました。残雪と新緑と桜、山奥に行かないと見れない風景です。西日が当たってすべての景色が立体的に見えます。カメラに写してもこの美しさは、再現できませんね。

棚田の風景続きます。




テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

新潟県津南町の桜

新潟県中魚沼郡津南町の桜撮影に急遽走りました。今年は雪が多く、桜の開花が早いという不思議な気象というので、28日夜向かいました。国道117号線はがらがらでしたが、深夜2時30分に津南町の池に着くと車30台くらい駐車していました。良い場所も陣取りして、朝に向けてスタンバイしています。

aaaaaa北斗七星1aaaaaaaaaaa北斗七星2

星の撮影は2度目です。町では、夜空を見上げて星をみますが、こちらでは見上げなくても満天の星です。宝石を散りばめたように光り輝いています。これだけでも来た甲斐があります。北斗七星が樹の左に見えます。


aaaaaaaaaaa中子1JPGaaaaaaa中子2


日の出間近です。こちらの田園風景の木々が雰囲気を盛り上げてくれます。左下の突き出た所にカメラマンがずらりと並んでいます。林の隙間から朝日が差し込みました。

中子4aaaaaaaaaa中子5

メインの桜は花の付きが悪く写真になりません。昨年の姿とは全く違います。鳥に芽をついばまれたとか。色もさえません。晴天でしたが、靄も出なくて残念でした。昨年は桜は豪華でしたが、雪が少なかったです。又来年、挑戦です。

写真をクリックして、もう一度クリックすると拡大して見えます。星が良く見えます。

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR