サンバレーSV-4の改造Ⅱ

だいぶ期間が空いてしまいましたが、パワーアンプの改造続きです。

前回、初段球と出力管の交換でかなり音が変わったところまで、紹介しました。
今回はカプリングコンデンサーと電源コンデンサーの交換です。
400Vくらいの電圧が掛かっていますので、かなり危険な作業です。

1.電源コンデンサー40μF+40μF+20μ+20μ:耐圧500V交換

SV4電源コンaaaaaaaaaaaaSV4電源コン後ろ


装着前の写真を撮り忘れましたので、ギャレットオーディオさんの写真を借りました。古い型の部品はこのお店で購入しています。右の写真は交換後です。
交換していきなり100Vは怖い(出力管の破損)ので、スライダックトランスで50Vまで上げて電圧上昇をみます。


aaaaaSV4スライダック50VaaaaaSV4スライダック100V


100Vで290V出力が正常なので、50V供給で144Vなら回路接続は正常です。一安心です。あとは各部の電圧を計測して、正常なら直100V接続します。


2.カソード・コンデンサー100μ63Vを交換

aaaaaaaaaaaSV4カソードコンaaaaaaaaaaaaSV4カソードコン後ろ


左がSPRAGUE、右がELNA。右写真はSPRAGUEに交換した後です。


3.カプリング・コンデンサ0.1μ400Vを交換

SV4カップリング前aaaaaaaaaSV4カップリング後ろ


左写真が交換前のフィルムコンデンサ。右写真がSPRAGUE ブラックビューティ、人気のコンデンサーです。ダイナコMKⅢ用に在庫してあったので贅沢に使ってみました。


4.100V入力側にパワーNTCサーミスタ追加。

SV4電源前aaaaaaSV4電源後ろ


パワーNTCサーミスタとは、電源を入れた時は抵抗が有り、100Vをいきなり供給しません。温度が上がってくると抵抗値が小さくなり最終的に100V供給されます。電源ON時、突入電流が3倍くらい流れて、球など痛めます。それを防ぐための物で、マッキントッシュアンプは最初から付いています。


5、ヒューズの交換

SV4ヒューズ

左がスローブローヒューズです。線がかなり太いです。オーディオ用ではありませんが、安いので代用します。

さて交換後の試聴です。各部品ごとに音の試聴はしました。
1.電源コンデンサ  3.カップリングコンデンサ←この二つが一番効果がありました。
1.は低域に解像力があがり、低音が締まりました。
2.は音の豊かさが増し、ヴァイオリンの細い音も前に出てきました。その分、盤のプチプチ音も聴こえてきますが。こんなに効果があるとは思いませんでした。

刺身で例えると、「マグロ」が球をGECに交換して「中トロ」になり、カップリングコンデンサ交換で「大トロ」に変身したと言えます。

最初から一度に交換した方が早いと思いでしょうが、このアンプの出力トランスが中国製でいまいち実力が分かりません。

出力トランスは、お城で例えると土台の石垣にあたります。石垣が貧弱では、お城が大きく建てれません。これと同じで出力トランスの性能悪いといくら球やコンデンサを高い物にしても効果がでません。パワーアンプでは一番重要な部品と言えます。
時間と高い投資を掛けても、無駄になるかもしれません。
そこで今回、世間で良く言われる効果のある部品を時間を掛けて、替えてみました。


今回の改造で、TANNOYをうまく鳴らしてくれるようになりました。今までヴァイオリンの細い音が、耳に着く硬い音から柔らかくなり、TANNOYらしいスピーカーに大変身しました。

改めて、レコードの音が奥行きが深く、またTANNOYの実力を再認識しました。
サンバレーSV-4は永く愛用できそうです。


電圧を測定中に感電しました!直流400Vを右手がプラス、左手がマイナスで、左の人差し指に小さい穴が開きました。電気はプラスからマイナスに流れるという理論を身を持って体験しましたー(゜゜!)


次回は、このアンプでカートリッジを色々替えて、音の違いを楽しみます。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

郡上八幡Ⅱ

岐阜県郡上八幡町の続きです。


郡上看板1aaaaaaa郡上看板2



なんとも物悲しい風景です。我が家も、タカラシステムキッチンですが・・・。



郡上下駄やaaaaa郡上味噌や



郡上踊りで使われる下駄がたくさん並んでいます。
郡上踊りの下駄の刃は、あとから取り付けられるのではなく1本の木から彫られてあります。そういう作りでないと、踊りで激しくかかとを蹴るので折れてしまいます。
右は、味噌や醤油を製造しているお店です。昔、使われた醤油樽です。


郡上選択干し2_edited-1aaaaaaa郡上風鈴



aaaaaaaaaaa
郡上名水銘酒




aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
郡上宗祇水



宗祇水の入り口の坂道、宗祇水のすぐ上に和風の喫茶店があります。お水が美味しいので、抹茶など、とても美味しいです。


お昼はアマゴの美味しいお店に入りました。塩焼きに甘露煮、職漁師が釣ってきた魚を使っていますので、味が濃くて風味が良いです。芳花園(ほうかえん)と言います。



お店の方の許可を頂いて掲載しています。

無断転載、お断りします。




テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

ストラディバリウスとフジコ・ヘミングさん

最近、クラシックにはまっていて、ストラディバリウス演奏2回とフジコヘミングさんの演奏を聴いてきました。


aaaaaaクラッシックダナイローバaaaaaaaaaaaクラシックダナイ曲目


アルベナ・ダナイローヴァさん、ブルガリア出身。ストラディバリウスを使用しています。
日本では千住真理子さんが個人で所有していますが、多くは財団から貸与されて使用しています。日本でも日本財団から才能ある方に貸与しています。五嶋龍さんもそうです。
ダナイローヴァさんは1727年製ストラディバリウス「Exベンヴェヌーティ」をアンゲリカ・ブロコップ財団より貸与されています。
宗次(むねつぐ)ホールはマイクなしでもちょうど良い部屋の大きさです。


アンコール曲は3曲も演奏してくれました。

ダナイローバさんのファンになりました。



aaaaaaaクラッシックストラディバリウスaaaaaaaaクラッシックストラディバリウス2


次は特殊陶業市民会館、ストラディバリウスが11台揃った演奏会です。11台もあってもベルリンハーモニックオーケストラはハーモニーは素晴らしいです。
ただ会場が大きいので、S席でも聴こえにくいです。耳を澄まして集中しないといけません。


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaクラッシックフジコ


最後は女性に人気のフジコ・ヘミングさんです。

前半にフジコさんが3曲、そしてチェコスロバキア国立放送交響楽団の演奏です。

フジコさんの演奏は生で初めて聞きました。ソロではチェコスロバキア国立放送交響楽団の方たちも聴き入っていました。


生演奏を聴いて、自宅のオーディオ装置でレコード盤でまた聴きます。

そして装置の改良を進めて、生に近い音に調整していきます。


テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

郡上八幡Ⅰ

写真仲間と郡上の街並みを撮りに行ってきました。

名水と郡上踊りと古い町並み、うまく撮れませんが、ごまかしのモノクロで見てください。


郡車庫aaaaaaaaa郡上角


車庫入れどうやって入庫するのかな?


aaaaaa郡上選択干し2aaaaaaa郡上選択干し1


郡上防火aaaaaa郡上井戸


郡上バケツaaaaaaaa郡上冷やしトマト


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa<6月26日撮影>


集中豪雨で被災された方々にお見舞い申し上げます。


郡上八幡、続きます。


テーマ : モノクロ
ジャンル : 写真

京友禅、京染体験。

前々回の掲載で、嵐山の展望台と保津川を掲載しました。

本日、集中豪雨で上流のダムが満杯になり放流を始めたため、渡月橋辺りは警戒水位を超えたようです。
災害のないことをお祈りいたします。


さて前回の嵐山の続きで、京染体験を掲載します。
京友禅の手染を体験できる教室があります。以前、紹介しました南進一郎先生のお宅です。築150年の町屋で体験できるので女性に人気があります。


南先生1aaaaaaaa絵付け11


先生に基本の色を彩色してもらいます。まず基本の白色です。胡粉(ごふん)と言います。日本画では下地色または、仕上げに使われる色です。牡蠣の貝がらを粉末にしたものです。それに少々滲み止めを配合します。(写真を撮り忘れました。)染色では滲みを「泣く」と言います。なので滲み止めを「泣き留め」とも言います。


aaaaa絵付け12aaaaaaaa絵付け13


赤色に青など少し配合して、赤紫や調合します。今回は5色で仕上げていきます。


絵付け14aaaaaaa絵付け15


生地を引っ張る工夫をします。右の写真の右が先生のお手本です。これを見ながら絵付けしてきます。下絵に糊で縁取りがしてあります。簡単そうに見えますが、筆先が思い通りに走るかが要です。


絵付け16aaaaaa絵付け17


右半分ができました。右写真はだいぶ出来上がりました。あとは葡萄を描きます。お手本の色と違いますが、このあと色を定着する工程で色が抜けていきます。


aaaaaaaaaaaaa絵付け18


右は完成して照明に透かして見ると、仕上がりに近い色に見えるそうです。


aaaaaaaaaaaaaaaa絵付け19


完成です。普通3時間ほどかかるそうですが、1時間半で仕上げました。あと仕上げに先生が牡丹の花びらに金色の縁取りをします。
(生地の白地に細かいすじ状のモアレ(仏語)が出ています。デジタルカメラでは画素数が多いほど発生します。現象は省きますが、デジタルカメラを勉強している方は、ネットで調べてみてください。)



絵付け21aaa絵付け20


あとはプロに染色仕上げをしていただき、完成後発送して頂きます。


京都の風光明媚な名所も、近年の豪雨で変わってしまうかもしれません。
今こそ、風景写真家の出番ではないでしょうか?

美しい日本の風景を写真に残しておくことは、今一番大切なことだと思います。

身近な名所でも、来年はもう無いかもしれません。
最高のシャッターチャンスで写し留めたいものです。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ヒデ2362

Author:ヒデ2362
写真撮影とレコードを
真空管アンプで
鑑賞することを趣味と
しています。
音質改善の技術的な
紹介もしていきます。
料理も好きで、現代の
栄養学の間違いも
投げかけていきたいと
思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
hide2362
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR